技術情報

製造工程

鋳 造

当社の製造工程のスタートは溶解から始まります。アルミニウムはリサイクルに優れた金属で、製造工程で発生するスクラップや地金をベースに様々な材質のアルミニウム合金を製造しております。
最新の溶解炉で溶かされたアルミニウムは成分を調整・確認されたあと毎回、全量抽出され毎回異なる材質の鋳造ができるよう工夫されています。これにより幅広いお客様に異なる材質をタイムリーに提供できる仕組みとしております。

ビレット

長尺ビレットは、最新鋭の高速ビレット切断機で切断され、押出工程で必要な材質・長さ・個数等、指定の短尺ビレットに切りそろえ準備されます。

ビレット加熱

押出工程は、切断されたビレットの予備加熱からスタートします。高速で加熱するため、当社で開発したビレットヒーターで一気に500℃前後まで昇温させ、加熱されたビレットは、押出ダイスで精度よく加工されます。

押 出

押出加工はアルミニウムやアルミ合金を400~500℃の熱間で押出する加工方法です。
一般には円柱の鋳塊(ビレット)を押出機を用いて、強い圧力を加えて各種の形状をもつダイス穴から押出して、細長い加工製品(押出材)をつくります。
この方法によると、他の加工法では製造することがむずかしい中空品や複雑な断面形状の製品でも、1回の押出工程で容易につくることが可能です。また寸法精度の非常にきびしい形状の製品をつくることもできます。

押出ではシームレスパイプの製造もおこなっております。中空パイプは普通、押出ダイスで製造しますが、材質やお客様からのご指定により、押出機そのものの動作でパイプを作る、複動式押出機を準備し、さらに広いニーズにお答えできるよう努めております。

整 直

押し出された製品は直ちに強制空冷や材質によりプレス前焼入れを行い、冷却したあと、ストレッチャーで矯正し、指定長さに切断後、熱処理工程へと進みます。

切 断

10mmから10,000mmまでご注文の長さに、ミリ単位で切断されます。2,000mm以下のものであれば、長さ許容差0.5mm精度での切断も可能です。

熱処理

アルミニウム合金は押出後、焼戻し処理を行い、機械的強さを向上させ提供されます。また、お客様で曲げ加工をされる際などは、特別な熱処理を施し、加工しやすい状態で提供しております。

検 査

作りこまれた製品は、品質管理課でお客様仕様に合っていることを確認します。例えば、機械的強さを満足しているか、化学成分は範囲内であるか、寸法・形状が図面通りか、などを確認し、製品をJISや製作仕様通りの内容であるかを保証しております。

専門機器による測定・分析

抽伸加工

抽伸加工とは、素材を加熱することなく室温で素材をダイスの狭い孔に通して引き抜くことによって加工する冷間加工方法です。引き抜く素材は一般に押出材が多く用いられます。
引抜は一般的に押出形材よりも細くて寸法精度がよく、表面のきれいな製品をつくることができます。この方法によって主として管、棒がつくられますが、これらは引抜材と呼ばれています。

当社の一貫生産のもう一つは、押し出されたパイプや棒の抽伸加工です。「さらに強く、精度良く」のご要求に冷間加工設備一式を準備しております。抽伸加工は、パイプの中にプラグとよばれる金型を入れ、外側はダイスで先付けされた部分を掴み、引き抜く加工です。高速で先付けされた材料は内面潤滑、外面潤滑し加工されます。引き抜き最大径は200mmを超える所まで対応可能です。引き抜き後、さらに焼入れ、焼戻し処理炉を準備しており、あらゆる材質や調質の製造ができるよう努めております。

包 装

加工工程・品証チェックを終えた製品は、最終検査梱包ラインへ進みます。ここでは、最終の外観検査を行い、お客様のご指定の荷姿に梱包し、オンラインでラベリング、出荷準備を整え、期日発送し、お客様の手元にお届けしております。

出 荷

お客様の元へお届けいたします。